薬剤師の転職と50代からのチャレンジ

人手不足に悩む地域であれば50歳以上であっても採用される可能性が高い

薬剤師は国家資格であり生涯を通じて働き続けられる人手不足感が強くなっている地方では、採用を積極的に行っている人手不足に悩む地域であれば50歳以上であっても採用される可能性が高い

一方で高年齢層の場合では話が合いやすく、しかも同じ世代かあるいは少し上程度ですので、かみ砕いた分かりやすいものの言い方なども心得ていたりするものです。
その結果、薬局での対応にも高評価となって仕事がしやすくなるという可能性は高まります。
高齢者の対応に不安がある経営者層からも安心して仕事を任せられるとして、転職を受け入れやすくする可能性も高いわけです。
そもそも人手不足に悩む地域であれば、年齢に関係なく採用を行わざるを得ないこともあり得ますので、50歳以上であっても採用される可能性が高いわけです。
まして今までの経験と知見により、若い人達への指導や助言も求められる可能性があります。
すなわち、指導的な立場で話しを行うように求められることも想定されるものと言えます。
なお、院外処方薬局の場合には介護保険制度との兼ね合いも増えてきました。
ケアマネジャーや主治医から、要介護者の服薬管理の指導やフォローを行うように求められるケースも出てきています。
ケアプランへの助言もしないといけないケースが増えていきますので、その点においても50歳以上のベテラン薬剤師は、重宝される可能性が高いです。
すなわち転職を歓迎される可能性があります。
都市部ではまだ在宅医療への対応が出来ないところがあっても、地方では独居の高齢者なども増えて医療機関や薬局への通院が難しくなっている人も増えている背景があります。
こうした患者さんへの対応を適切に行える50代の薬剤師は、受け入れやすいとも言えるものです。
活躍の場は今後、大いに増えていくことが想定され、働く場所に困ることはあまりないと言えます。

薬剤師 転職薬剤師求人・転職・派遣のエキスパート【クラシスのヤクジョブ】