薬剤師の転職と50代からのチャレンジ

人手不足感が強くなっている地方では、採用を積極的に行っている

しかしながら、この業界の場合は地域差があるにせよ、それほど問題にはなっていません。
むしろ人手不足感が強くなっている地方では、採用を積極的に行っているところが多数存在する状況です。
いわゆる門前薬局以外にも、ドラッグストアがチェーン店化し、さらに院外処方箋を受け付けることによって高収益を挙げるところが増えています。
処方箋を受け付け処方薬を渡す以上、薬剤師は必ず配置しなければなりません。
有資格者そのものが少ないのに、その人材が足りていないわけですから、高年齢層であっても採用を積極的に行うケースがあります。
また地方ではかつては都市部で働いてきた人が地元へと戻ってくることもあり得ます。
特に生まれ育った故郷で仕事がしたいと思うことはあり得ることですし、さらに地方の場合は人材不足ですから仕事も大いにあります。
仕事がそれなりにあってしかも生まれ故郷で働けるというのであれば、都市部から地方へと戻って働くという選択をする人もいるわけです。
必然的にそれまで勤務してきたところを退職し、地元にて新しい職場を探すようになります。
50代であっても今までの経験と知識は重要視されやすいですから、採用される可能性は高いです。
無論、都市部でも同じ傾向にありますが、ただ若い人達が地方へと出て行かずに都市部特に都心などにそのままいるようになると、若い人を先に採用するケースが多いために、いい就労先が見つかりにくくなる可能性はあります。
人手不足に悩む地方であれば、薬剤師を受け入れるところは相応に存在しますので、転職を考える50代にとっては選択肢が広がります。
経験の差で他の年代よりも優遇される可能性も出てくるでしょう。
地方での就労の場合、高齢者が圧倒的に多くなるところも現れています。
若い人の処方ではなかなか理解が難しかったり、あるいは話しがかみ合わないなどの可能性もあり得ます。

好条件の転職先をお探しの薬剤師さんですか? https://t.co/3IfTTkXp7s #薬剤師 #薬剤師転職

— 薬剤師さんへのお役立ち情報発信.com (@yakuzaishi_navi) 2019年12月17日

薬剤師は国家資格であり生涯を通じて働き続けられる人手不足感が強くなっている地方では、採用を積極的に行っている人手不足に悩む地域であれば50歳以上であっても採用される可能性が高い